company 




Dane Raynolds が Buell Surf と複数年契約締結!



 アメリカで最も人気のあるフリーサーファーと言われる Dane Reynolds が、Buell Surfとウェットスーツについての複数年契約を締結しました。

 Dane は2015年、当時年間3.6億円という契約を結んでいたクイックシルバーを離れ、その後ウェットスーツに関しては特に契約をせず、友人であるRyan Buell(Buellの創設者/社長)がノーマークのウェットを製作して提供していました。Daneもその恩を感じ、積極的にR&Dに参加して いましたが、Buellはアメリカのヤングガンたちが好むような派手なウェットが得意であったため、なかなかDaneのイメージするシンプルで高機能な ウェットがありませんでした。そこでBuellがDaneにデザインをしてみないかという提案をし、日本で4着のサンプルを制作したところ、イメージ以上 の商品となり、ついには『Subdivision』として展開をしようということになりました。

 『Subdivision』はBuellのサブブランドのようなイメージで、Daneのシグネチャーコレクションとなります。まずは来春にD/R/1とD/R/2の2モデルを発表いたします。

 これで Buell Family には、熱狂的な人気のあるユーチューバーヒーローのJOBことJamie O'brien、SNS等での露出がダントツなフォトジェニックなSage Erickson、Superman Finger Flipの動画で話題となったエアートリックマスターのJacob Szekelyに加え、アメリカのヤングサーファーたちに最も人気があるフリーサーファーのDane Raynoldsと、アメリカのネット世代のサーフヒーローたちが勢ぞろいしたことになります。(筆者的にはキング・ケリーやカリスマのアーチー、フリー サーファーで言えばロブなのですが、残念ながらその感覚は古いと言われてしまうようです。。。)

 来春リリースとなるSubdivision D/R/1とD/R/2を楽しみにしていてください!